着付け教室ガイド

無料の着付け教室(無料商法・セミナー販売)

着付け教室に関するトラブルで多いのが、無料の着付け教室による執拗なセミナー販売です。セミナーと称して着物や帯の問屋を訪問し、店員や講師、教室の担当者に囲まれたり、長い時間勧誘されたりして、断りきれずに着物や帯を買わされてしまう、といったトラブルです。

このように、無料とうたって結局何かを買わせる商法は「無料商法」と呼ばれ、国民生活センターにも「強引に帯を買わされた無料の着物着付け教室」の相談事例が寄せられています。

「タダより高いものはない」とはよく言ったものですが、無料の着付け教室の中にはこのような販売勧誘に関するトラブル事例が多発しているところもあるようです。

また「問屋価格なので呉服屋よりも安く売っている」といった売り文句もあるようですが、実際には必ずしもそうではないようです。

会場で着物や帯を買わなかったら、後日教室で嫌な思いをしたという相談もあります。無料のうたい文句にはくれぐれもご注意ください。(一部、国民生活センターHPより引用)

次の記事 >> 高額なお免状代を請求される