着付け教室ガイド

集団授業と少人数制指導の違い

着付け教室での指導には大きく分けて2通りの方法があります。1人の先生が何名もの生徒を同時に教える集団授業のやり方と、1人の先生に対して同時に1名~3名程度の生徒を指導する少人数制指導(個別指導)のやり方です。

集団指導の特徴としては、多くの生徒と一緒に授業を受けるため、たくさんの人と知り合いや友達になりやすいというメリットと、大人数の生徒に対して一斉に指導を行うため、先生の目が届きにくかったり、分からないところがあっても授業が先に進んでしまうといったデメリットが挙げられます。

一方、少人数制の指導の場合は、先生の目が届きやすく、先生と生徒のコミュニケーションも密に行われるため、分からないところがあっても質問しやすかったり、苦手なところに絞った練習ができたりと、着付けが上達しやすい環境であるというメリットが挙げられます。また、デメリットとしては、お教室によってはお月謝が高いところもありますので、事前に必要な費用等を確認することが望ましいでしょう。

次の記事 >> 事前に必要な費用が分かる